渡辺浩二設計室 のブログ

〒684-0033 鳥取県境港市上道町3256上道ビル6号 TEL/FAX : 0859-42-5357
Text Size : A A A

前々回  (Click!)  に続き、計画案の模型を紹介します。

Img_bb2eb719e1b1d4f1bc01ec0081a1e65f

切妻屋根を持つ、平屋のこの建物は、元々は40年ほど前に分譲された、供給公社の規格住宅でした。今回の計画では、そこに耐震改修をおこない、併せて玄関と自転車置場、濡れ縁を増築します。写真正面に見える、屋根付きの濡れ縁部分は、内部と外部を繋ぐ 「緩衝地帯」 であるとともに、将来的な車椅子利用などを想定した、バリアフリーのアプローチを兼ねています。


実際に取り組んでみて分かったのですが、今回のようなシンプルな平面の平屋建てであれば、たとえ築年数が古く、経年劣化が見受けられたとしても、構造強度を 「現在の建築基準法に相当するレベル」 に引き上げることは、当初思っていたよりもかなりスムーズで、法令や各種基準について、かなり整えられてきているなあ、というのが率直な印象でした。


とはいえ実施にあたっては、構造体へ蟻害が進行していないことの確認と、以降の確実な防蟻処理、の二つをクリアせねばなりません。が、これも今回取り組んでみて分かったことなのですが、防蟻処理については、薬剤の進歩と経年変化に対するメンテナンスの確立がなされていて、加えて今回、床下などの現況調査について、フットワークの良い、信頼のおける業者さんとのご縁にも恵まれ (ありがとうございました) 、当初思っていたよりも、はるかにスムーズな進行でした。

Img_af68579a84d5950d5838d7c59df8fb21

本計画は、構造部分については「出雲市木造住宅耐震化促進事業」 の助成対象案件であり、計画全体については、「長期優良化住宅リフォーム推進事業」 に併せた設計です。そして、建築費からみると、同仕様同規模の新築住宅に比べて、コスト面で相応のメリットを伴う結果にもなっています。


このことは今後、平屋での暮らしをお考えの方々に対して、新たな選択肢をお示しできるのではないか、といった手応えとともに、引き続き以降の業務に励みます (現場進捗などについては折を見て、当ブログにてご紹介します) 。

Img_fca708131719e72dff394dfbdfbb87a7

「模型のサイズは、梱包用の箱に入る大きさまで」 という制限のため、今回も敷地全体を作成することができませんでした。


実際の敷地部分は、上の写真から見て、敷地左手の端に4メートルを加えた範囲まであるのですが、ここには竣工後、植物 (染色体) がご専門である、クライアント様による植栽が配される予定で、どのような庭をお作りになるのか、完成がいまから楽しみです^^


島根県出雲市での計画です。
Img_e78d19828cc5fc1eba1e4944b0618a50

前回のブログで模型をご紹介した 「川沿いの廻り土間の家」  (Click!)  は、実施設計を終えて、現在積算作業に入っています。


上の写真は、クライアント様のご実家を解体した際に取り置きされていた、欅の大黒柱で、ご厚意により、今回の計画に再利用させてもらえることになりました。柱の太さは各辺がそれぞれ1尺 (約30センチ) ほどもあって、私がこれまで見たなかで最大、おそらくこの先も、そうそうお目にかかれるサイズ、樹種ではなさそうです。


図らずも、これだけ大断面の古材を使うことができる貴重な機会に恵まれ、ならば曳き割って床板に、いやいやこれはカウンターに用いてはどうだろうなどなど、再利用の方法については、熱を帯びながら鋭意協議中です。大黒柱の右手に見える柱も同様に、ご実家からの取り置き材ですが、おそらく玄関框に生まれ変わることになりそうです。


ホームページ内の 「家づくりの流れ」   (Click!)   でも触れていますが、弊社は原則、基本設計がまとまった段階で、計画案の模型を作り、クライアント様にご覧いただいています。


模型 (50分の1) をご覧いただきながら、


・室内と外観のボリュームや質感
・室内への自然光の入る様子
・外部からの建物の見えかた


などについて、ご確認、ご検討の打ち合わせをおこなうのですが、今回は、先日お渡しした模型をご紹介します。

Img_8bbbd68f1c32541a7a50f31fbb40ae4b

広大で自然に満ちた (もっと言えば、野趣溢れる^^;) 敷地に対して、建物をどのように調和させ、馴染ませてゆくのか、この課題に対して、


・深い軒と、
・軒と同じ深さの土間とを組み合わせ、
・その組み合わせを建物外周全てにぐるりと配して、


屋根付きの廻り土間とし、ウチとソトとを繋ぐ緩衝地帯として、敷地と建物の 「仲を取り持って」 もらうように計画しました。

Img_a48b21e23ceeb895a087876ffaccee41

廻り土間では、たとえば七輪で椎茸やサンマを焼いたり、干し柿を吊るしたり簾を架けたり、あるいは、デッキチェアを置いて身体を預けながら、側を流れる川のせせらぎに、耳を傾けてもらうこともできそうです。


軒下空間の高さと幅 (深さ) は、建物の東西南北、四周全てで同じ寸法となるよう、屋根形状は寄棟 (よせむね)  (Click!)   とし、土間は、室内床高との段差をできるだけ小さくしながら、同時に、湿気に対する土台木材の保護を両立できるように、ひと工夫を凝らしています。

Img_ec0c9e26358452a4e874f3cac0d452fd

鳥取県西伯郡の計画です。
Img_e3770570e317be59cee92439d324738c

以前のブログでご紹介した 「上細見の茶室」  (Click!)  は昨年末、腰張りと畳の敷き込みをおこないました。


茶室の腰張り (腰壁部分に貼る和紙) の施工に立ち会うのは、実は私は今回が初めての経験だったのですが、偶然にも工事を依頼した内装業者の担当者さんも、今回が 「はじめてのこしばり」 だったそうで、作業のあいだ、ふたりしてデジタルカメラを構え、職人さんの仕事ぶりをしげしげと眺めていたのですが表具師さん、ちょっとやりにくかったかなあと今になって反省しています(^^;


腰張りは、元々は茶室土壁の保護からはじまったようで、調べてみると国宝の如庵には、古い暦などを貼った 「反故張りの席」 と呼ばれるものもあるようです。上の写真は客 (ゲスト) 側の貼りはじめの様子で、紺色の湊紙 (高さ1尺8寸) を水準器のレーザー光に合わせ、慎重な位置決めの後に貼り作業がはじまりました。

Img_3bc0d695bbc9e1756bd248d029d5e00e

こちらは亭主 (ホスト) 側です。和紙は白色の西の内紙で、高さは1尺です。


「総長さ4m弱の和紙貼りだから、それほど時間はかからないだろう」 と当初、気軽に構えていたのですが、朝9時から始まった作業は、上の写真を撮影したのが12時過ぎで、掲載できる写真枚数の都合で割愛していますが、和糊の調合からはじまり、採寸、割り付け、和紙への加水と糊付けを経てからの貼り作業で、客側を貼り終えたら今度は亭主側の糊の調合からと、かなり根気のいる工程の連続でした。とはいえ、はじめて見る腰張りはそのあいだ、じっと見ていても全く飽きることがなかったのですが、作業終了の13時前には、さすがに首と肩がばきばきに凝り固まっていました (どうやらとなりの 「相方」 、内装業者担当者氏の首と肩も同様に・・・) 。


余談ですが、腰張り作業をされた表具師さん、今回の現場の前は、現在改修工事中の広島平和記念資料館本館で、展示用の写真をパネルに貼る仕事をされていたそうです。専門工事業者さんの仕事には本当に幅広いものがあって、おそらく、ふとした時になにげなく見やるある箇所も、名の知らぬ誰かのスキルに支えられているのでしょうね。

Img_bb6d8342d2afedcc4769ba217471c003

そして作業終了のころ、ほぼ入れ替わりに畳が搬入され、

Img_dcc544a20289eb041b67ad51e70697e7

敷き込み、最終確認に畳の目数を再チェックされて、

Img_74c7b1969fc36f08d99e7d55f9e869b8

無事、茶室部分の完成と相成りました。


施主様、棟梁をはじめとする関係者の皆様、お疲れ様でした。
Img_15ca5521ac4037504afc02a97531f1a3

あたらしい一年がはじまりました。


本年も、地に足のついた住まいづくりを、クライアント様、職方のみなさんと一緒に、コツコツ積み重ねてゆきます。 「安心して住み続けることのできる家づくり」 を念頭に、引き続き精進を重ねて参ります。


皆様には変わらぬご愛顧のほど、何卒宜しくお願い申し上げます。


渡辺浩二