渡辺浩二設計室 のブログ

〒684-0033 鳥取県境港市上道町3256上道ビル6号 TEL/FAX : 0859-42-5357
Text Size : A A A
Img_99159b19c870a3efeb55f2722959538d
国民生活センターの資料によると、家のなかでおこる事故の主なものには、

・階段からの転落
・室内の床段差による転倒
・玄関の段差による転倒
・浴室での転倒、溺水

などがあるそうです。

バリアフリーはこれらの事故を未然に防ぐための対策であると捉えると、本当に解消しなければならないバリア(障壁)とは、単純に物理的な段差だけでは済まされないのだなあとあらためて思います。


Img_a8f8112f52fa578935e474e949886ba5
日本住宅性能表示基準のなかの「バリアフリー」の項目では、

・段差の解消
・階段の寸法、仕様の提示
・手摺の設置
・通路、開口部の幅、トイレや浴室、寝室の最低寸法の提示

の各項目により、5等級に分かれた仕様が定められています。
この仕様が住宅金融支援機構のフラット35の融資基準や各自治体の改修工事などの助成金支給の基準にもなっています。
Img_d7e7ebfba7e1fd58894975f05c7d2339
室内での転倒防止には、和室部分は摺り板を設けるか段差のない設計として、玄関や階段など、やむを得ない部分には手摺などを設けましょう。

階段での事故件数をこまかく調べると、下りの事故件数は上りの際の4倍になっています。階段の手摺を片面だけに取り付ける場合は、下りの際の利き手側に取り付けましょう。

次に触れる項目は特に、どこそこで定められた仕様、というものではありませんが、住宅の安全性についての重要なデータと提言です。それは医療分野からの、いわゆる「ヒートショック」についてのものです。
Img_5724648630b6bd0646126b8eeffae776
「浴室内での溺水」のうち、浴槽内への転落事故を除くと、その原因は虚血性心疾患による入浴中のもので、国立保健医療科学院の2001年の調査資料によると、亡くなられた方の数は、年間で推計1万4千人となっています。

冬季に居間~脱衣室~浴室(または寝室~トイレ)など、一般的には気温差が大きいとされる部分では、入浴やトイレの際に身体が冷やされ(入浴時には再度あたためられ)、血圧の急激な上昇と低下を招き、血圧の急激な上昇は心筋梗塞や脳梗塞を引き起こし、血圧の低下は意識障害を招くなど、ともに重大な事故につながる原因となるようです。

ヒートショックに対して、建築分野からおこなえる対策とは、各室の室温差を極力小さくすること、すなわち室内温熱環境のバリアフリー化がその主なものです。

以前のブログでも触れましたが、温熱環境のバリアフリー化対策には主にふたつの考え方があって、全館暖房と室内各所への暖房設備の個別配置がありますが、その大前提はしっかりとした気密断熱です。
Img_53c84e22d6b4eb7ca307b20c12dc971c
家の中の障壁(バリア)は、できるかぎり取り除いて、しかもデザイン的にも自然で取ってつけたようにはならないない、機能と意匠が共存するものが理想です。

そういった取り除くべきバリアとは別に、住宅にはたとえば屋根や外壁など、暑さ寒さから人を護るために「必要なバリア」も存在します。


次回は、そうした護るためのバリアのひとつである、「防犯性能」について書きます。