渡辺浩二設計室 のブログ

〒684-0033 鳥取県境港市上道町3256上道ビル6号 TEL/FAX : 0859-42-5357
Text Size : A A A
正確なコストを把握できないために生まれるロスを排除すること、つまり正確なコスト量を把握することが、コストダウンへの第一歩です。「そりゃそうだろ。というかコストダウン以前の話だろ」なのですが、これをコツコツとやることが、コストダウンの第一歩です。


このロス排除の方法には、その他の方法もあって、


前回お話した、
①正確なコスト(=施工表面積)を把握できるだけの質と量で設計図書を完成させ積算する


を含めて私が知っているのは合計3つ、


②プラン自由度を制限して且つ、生産棟数を増やし、最小限のロスを数の論理で「吸収」する
③そもそもそのようなロスを認識しない、または「知らないふり」をする


といったふうに、検討に値するのは、①、②の2つです。


オーダーメイドの家づくりを考えれば①が理想ですが、納得のゆく範囲であれば、②の手法も合理的であると思います。
Img_462b1e67362372debbfe382c572e7bcc
ともかく、③を上手に回避することでようやく、正確な数量を把握したうえでの「本来のコストダウン」に進むことができるのですが、つくり手の端くれとして、①、②での正当な、自由な競争を強く願っています。


おかげさまで現在の傾向は、人口の減少と不況による国内着工件数の減少、インターネットの普及による、個人が扱える情報量と質の向上、そして流れの双方向性などにより「密室」が消えて、そのぶん「ガチンコ」となる空気が年々強まっている手応えです。


身が引き締まる思いですが、ありがたくも思っています。


次回は、家づくりの現場の、外側の仕組みについて書きます。