渡辺浩二設計室 のブログ

〒684-0033 鳥取県境港市上道町3256上道ビル6号 TEL/FAX : 0859-42-5357
Text Size : A A A

ホームページ 「家づくりの流れ」  (Click!)  でも触れていますが、弊社は基本設計の最終工程で、計画案の模型をお作りしています。


打ち合わせを重ねた平面・立面図を立体におこして、


・敷地と建物のバランス
・室内と外観のボリューム
・室内への光の入りかた
・外部からの室内の見えかた


などについて、検討と確認の打ち合わせをおこなうのですが、今回は、先日クライアント様にお渡しした模型の、外観の一部をご紹介します。

Img_38c640d7fdacb6491785f5a58b778da2

東側立面、この建物の正面です。


外部からの視線とアプローチ動線にかかる1階の窓は、ハイサイドライト (高窓) にして視線を逃がし、採光とプライバシー確保の両立をはかりました。高床の室内には、ポーチの階段を経由して入り、広くとった床下空間は、大容量の収納スペースです。腰高な外観とならないよう、切妻屋根は不等辺として南側の軒高を抑え、逆に、高さを稼いだ棟(屋根の頂、いちばん高いところ)周辺部分にはロフトを設けて、2階収納の要所となっています。

Img_5fe55e13b3e7d66959a556d955524dfe

基本設計の段階で質感のある立体 (=模型) をご覧いただいて、建物イメージの 「ベース」 をクライアント様と設計者が共有しておくことは、後に続く実施設計、そして実際の工事期間のあいだのブラッシュアップ、さらによい家への磨き上げのためにはとても重要で、大切な工程であると私は考えています。

松江市内の計画です。