渡辺浩二設計室 のブログ

〒684-0033 鳥取県境港市上道町3256上道ビル6号 TEL/FAX : 0859-42-5357
Text Size : A A A
Img_e0fa706e7d6c54b2b42dff92097bcef0

先月、所用で東京まで出掛けたときのことです。


池袋で用件を済ませて時計をみると、帰りの飛行機には、まだ1時間ほどの余裕があります。そこで、念のために下調べしておいた 「ある場所」 を目指すことにしました。近くの交番で位置を再確認して池袋駅を南下、 (上の写真の) 豊島都税事務所をやり過ごして、

Img_28d104cf84c10d4b691337d071e521b1

東京芸術劇場の前を通過、池袋警察署をすぎてしばらく進むと、

Img_5220569ef04fbc4ea92d7295db7a4e02

その先からガラッと街の雰囲気が変わる、なんというのか、 「結界」 のような場所 (おそらく用途地域の境、でしょうか) に出くわしました。ためらわずにそのまま南下を続け、住宅街に入ります。


Img_dd01d3c6b11fe665a979d88ff8ec7083

住宅街に入ってしばらくすると、案内看板があって、その案内に従って進み、進んだ先を左折してしばらくすると、そこには、

Img_2e8e278dece9604efc5751999d601730

自由学園明日館 (1921年 設計:フランク・ロイド・ライト) がありました。


残念ながら開館時間内には間に合わず、中に入ることはできませんでしたが、現地を訪れることができたのは本当にラッキーでした。田部美術館 (1979年 設計:菊竹清訓) (Click!)  を見学した際にも同じように感じたのですが、明確な意図 (いやむしろ意思、か・・) を持った建築物と、その建築物に関わる方々との関係は、その建築物の佇まいに確実にあらわれていて、その 「佇まい」 には、街並みのはじまりとして、場所の持つ空気を変える、あるいは変えないで保つ力があるのだと、あらためて実感できたように思います。写真を5枚までしか掲載できない、当ブログフォームの都合上掲載できませんでしたが、明日館から通りをはさんだ向かいには、婦人之友社ビル (1963年 設計:遠藤楽) を目にすることもできました。 


と、充実の一時間を過ごし、ホクホクしながらリムジンバスに乗り込んだのですが、道中事故渋滞に巻き込まれて飛行機の時間に間に合うのか、ドキドキしながらの帰り道でした (^^;