渡辺浩二設計室 のブログ

〒684-0033 鳥取県境港市上道町3256上道ビル6号 TEL/FAX : 0859-42-5357
Text Size : A A A
Img_d5581e3d3f2efdc17c8f34d883a69f9a

先日、店内入口のラック (棚) に置かせてもらっている弊社パンフレットの補充に、今井書店さんへお邪魔した際に偶然平積みと 「目が合って」 しまいました(^^; で、その後、帯の 「 『ブラタモリ』 が好きなら絶対に楽しめる!!」 とのお誘いに誘われるがままに手に取ってレジに向かい、その日の晩から読み進めて昨晩読み終えました。 


(相当に) ざっくり言えば、 「江戸時代」 が出来上がってゆく過程を、社会インフラに焦点を当てて描かれた小説で、具体的には、第1話から第5話までの5つのエピソードに、江戸の、


治水
貨幣統一
上水道整備
城郭整備
天守閣建築


それぞれの事業がどのようにおこなわれ、完成していったのか、その試行錯誤と創意工夫と智謀知略が記されているのですが、日本史に明るくなく、東京への土地勘をほぼ持たない私でさえ、読み始めてすぐに本の中に引き込まれた理由は、登場人物がすべて実在の人々であり、それぞれのエピソードの舞台が、


利根川
日銀本店  
神田上水
皇居 


として現存しているという、いわばノンフィクション効果というか説得力、にもあるのでしょうが、そのほか、ついうっかりすると 「ずっと昔からあって、未来永劫その存在を疑わなくともよい」 と、捉えがちにもなる首都東京も実は 「何もない寒村」 からひとつずつ積み上げていった結果、であることの途方もなさ、と、その途方も無さの裏側でしか確かめることのできない、人の意思や良識や工夫や知恵の力を肯定できる手応えへの喜び、あるいは第2話で、のちに慶長小判を造る事となる橋本庄三郎が言った 「この世の誰もがまだ見ぬ風景、それを見たい」 と思い願うこころへの淡い共感など、いろいろとあるようです。


ブラタモリの他、 「プロジェクトX」 が好きだった方にもおススメで、第155回直木賞受賞作です。