渡辺浩二設計室 のブログ

〒684-0033 鳥取県境港市上道町3256上道ビル6号 TEL/FAX : 0859-42-5357
Text Size : A A A
Img_9c3c6ec692eb124760642465b440da82

前々回のブログ  (Click!)  で模型をご紹介した、 「広い縁側の家」 は、外部はモルタル下塗りまでを終えて現在は養生期間、内部では開口枠とカウンターの造作が進んでいます。


改修工事であること、つまり、仕上材をはがして内部を確認してみないと分からないことから、着工からここまでの間に、いろいろな 「はじめての貴重な経験」 を得たのですが、今回はそれらのなかで、構造に関しての幾つかをご紹介します。

Img_36c170d8126613b79ce73afd5181023b

内壁と床、天井を剥して、現 (あらわ) しとなった筋交い、土台、柱梁です。


上の写真の正面、 「2本のたすき掛けの筋交い」 が重なるところに、切れ目のような筋が見えますが、近寄ってよく見ると、これは片方の筋交いの切断面で、この状態は、現行の法令では 「1本のみの、片筋交い」 として扱われます。


耐震診断の際、クライアント様のご協力により、壁の一部を剥し、その部分の筋交いは上の写真と同様の 「片筋交い+切断筋交い」 であることが確認できていたので、残るすべての筋交いについても (安全側に見て) 同様であると仮定し、建物全体の壁量を 「設計図書よりも少ない状態」 として計算していたのですが、残念ながら仮定通りの結果となってしまいました。


土台は、ヒノキでもヒバでもない、あまり見かけない色と木目です。これは近づいてよく見ると南洋材 (秦棟梁の見解では、この年代の建物であれば、おそらくアピトン) で、現在では外部のウッドデッキなどにも用いる、非常に耐久性、対候性の高い樹種です。今回、建物北東の柱 (マツ) が2本、シロアリによる食害を受けていたのですが、土台に関しては、柱の食害箇所の周辺を含めて全くの 「無傷」 で、さらに言えば浴室周辺の土台は、取り替える前提で計画を進めていたのですが、蟻害も腐朽もなく、これはよい意味での想定外でした。

Img_a6c2e3b8a5a410706273a394edb53adc

2部屋をワンルームにするために柱を外すと、柱の中から鉄筋があらわれました。

Img_0db191f0b4fb64e7d6a57f6f6cf27014

そしてその鉄筋は、土台から小屋梁までを緊結していました。


2000年に大改正がおこなわれた建築基準法では、柱と梁、柱と土台の接合部は、地震などの水平荷重によっておこる、柱の引き抜き防止のために、金物などで適切に補強しなければならないのですが、これらの鉄筋は、そうした引き抜きを防ぐために、当時考案されたものなのでしょう。

梁の上端と土台の下端をボルトで固定しているこの鉄筋、おそらく現行法の金物に匹敵 (金物の種類によっては凌駕) する引き抜き抵抗力を持つはずで、今回撤去した数本の柱以外の箇所にもすべて、この 「約半世紀前の引き抜き補強」 は施されていました。これらの鉄筋たちは引き続き、今回新たに設けた金物と一緒に、建物を地震などから守ってくれるはずです。

Img_15b82f1137f695dcbaf5d3d2d094e093

柱 (と鉄筋) を取り外した小屋梁には念のため、上の写真のように構造用合板で曲げ補強をおこない、接合部のせん断補強には、この工程の後、壁際に添え柱を設けました。