渡辺浩二設計室 のブログ

〒684-0033 鳥取県境港市上道町3256上道ビル6号 TEL/FAX : 0859-42-5357
Text Size : A A A
Img_d3b465605b9470474a090908b34330cb
Nikkei4946.com  (Click!)  によると、

スマートハウスとは、一般には、


「発電設備を備え、生活に必要なエネルギーをできるだけ住まいの中で自給自足し、
無駄なく使うしくみを取り入れた次世代型の省エネ住宅

のことで、基本的な構成要素は、

①太陽光発電システムや燃料電池といった、電気を自前でつくりだす発電設備、
②余剰電力や電力需要が少ない夜間に電気を貯めて利用する蓄電池、
③これらをさまざまな家電製品とつないで一元管理する家庭内エネルギー管理システム、

の3つで、

①と②はそれほど目新しいものではなく、これまでも省エネ住宅という括りで登場していたが、
③のエネルギー管理システムが加わることによって、スマートさ(賢さ)というあたらしい付加価値が上乗せされた。」

との解説でした。

なるほど。
Img_6aac1deeadd975570f04ad322b182999
そのなかの③、

「エネルギー管理システム」のおもな機能には、

・現在のエネルギー消費の度合いが一目でわかるディスプレイと、
・機器使用中の「荒い」操作をあらかじめ見越して開度をセーブできる設定、
・状況に応じて通電、売電、発電、蓄電それぞれの入出力の調整があって

なんだかECOモードボタンのついたハイブリッドカーのインパネみたいな印象です。

このシステムは「家庭のエネルギーを管理する仕組み」の英単語の頭文字をとってHEMS(ヘムス)と呼ばれて、家電・住宅設備機器メーカー各社から製品が出されています。電気の使用量制御に特化したものから電気・ガス・水道の使用量や室温管理に至るまでを計測して制御できるものまで、その範囲はさまざまです。

理論値では相応の効果が期待できて、設置に対しての国からの助成により、設置費用もかなり抑えられるようです。
Img_7dcb262a3d23ced59cf0c7edfc74b579
HEMS,なるほどこれはよいものだということは分かります。

ただここで見過ごしてはいけないのは、これらの仕組みにできることはあくまでも「現状」のエネルギー消費の効率化だけであって、絶対量の削減とは意味合いがすこし違うということです。

まずはエネルギー消費量を必要最小限に納まるよう計画しておいて、そのマイナスアルファ、削減をアシストするかたちでのHEMS導入というのがスジです。HEMSはすぐれた制御システムではあるけれど、それですべてが「チャラ」になるわけではありません。


たとえば、
仮にHEMSの制御によってエネルギー消費量が現状よりも10%削減されるとします。

ある住宅Aの総エネルギー消費量を「100」とした場合、
HEMS導入後の住宅A´のエネルギー消費量は、
「100」*0.9=90で「90」になります。

同じように住宅Bの総エネ消費量が「80」、住宅Cで」では「120」だったとすると、

住宅B´:「 80」*0.9=「 72」
住宅C´:「120」*0.9=「108」

となります。ABC各住宅のエネルギー消費量を比較した場合、

住宅A´:「 90」
住宅B´:「 72」
住宅C´:「108」

となって、

結果的にHEMS導入の住宅C´は、HEMSを導入をしていない住宅A、Bに比べてより多くのエネルギーを消費することになります。
Img_a6b3fc955e9c0cf6f282cee642691df9
(財)日本経済エネルギー研究所の資料によると、
住宅における用途別のエネルギー消費の割合は、

・照明、動力、厨房 30%
・給湯       35%
・空調       35%

となっていて、それぞれを丁寧に見てゆくと、計画・設計段階でできる省エネ対策は、実はけっこうあります。

窓の位置を見直して採光条件を改善すると昼間の照明エネルギーは必要なくなるし(※)、日射遮蔽と断熱・通風を上手に計画できれば夏場はエアコンなしも可能です(参考:夏涼しく冬暖かい家②③)

エコキュートやECOジョーズなどの高効率給湯器を選んだり、断熱を強化したりするのは、最近の動向からみるとむしろスタンダードなのかもしれませんが、改修工事ではその効果をおおいに実感していただけます。

※ちなみに弊社事務所は、窓からの光で十分明るいので日中はほとんど電灯なしですごせます。
Img_07ebe4087d5c2c103aaeb9628c3f5382
HEMSが高効率をもたらす要因を整理すると、

・情報の一元管理と整理分析
・整理分析した情報のデータベースに基づいた運用
・それら全業務の見える化

と、まとめることができそうです。そしてこのことは、
「複数の要因をそれぞれ見極めて、全体が最適になるようにバランス取りをおこなう」
と言い換えることもできます。

オーケストラにコンダクターが必要であるように、高効率のエネルギー管理にも、
専任のマネジャーが必要だということでしょうか。


あなたの家づくりには、全体を見渡してタクトを振れる「プロ」はいますか?


次回はシリーズ最終回、「コストパフォーマンス」についてです。
Img_c2442ead4b7475e464ea9c5dac0601cd
コストパフォーマンスを

「家づくりの費用対効果」と意訳して、

・コスト(費用=支払うもの)と
・パフォーマンス(効果=仕上がり)について、

拾い出して分類してみました。

(コスト)

・時間
・お金
・アイディア

(パフォーマンス)
・気持ちのよさ
・安心感
・使いやすさ
・完成までの過程の充実度


と、いったところでしょうか。


費用<効果

と感じたら、その家の「コストパフォーマンスは高い」と言われ、


効果<費用

ならば、「コストパフォーマンスは低い」と評価されます。


このように整理すると見える住宅のコストとパフォーマンスには、2つの大きな特徴があります。

Img_a5397491675cff6fdc2e4ce38f1374eb

まずひとつめ、


コストは必ずパフォーマンスより先に発生します。

家づくりではコスト(時間、お金、アイディア・・・)は常に先払いです。既製服のように試着はできませんし、昼定食のように、いろいろ試してみた後でお気に入りを見つけることも原則叶いません。


ふたつめは、

パフォーマンス(仕上がり)は、実際に出来上がってみないと実感を伴いません。

図面や模型だけでイメージしきれるものではないですが、かといってそのために実際に家三軒建てるわけにもいかないですし・・・。
Img_c848691834bd2883745fbf11e145a6fc
けれども、実感そのものにはたどり着けないけれど、限りなく近づく方法はあります。それは何かというと、完成に先んじて「完成した様子を想像することを繰り返すこと」です。

もうすこし具体的に言えば、図面や模型、場合によっては現寸見本を用いて複眼的な検討を繰り返せば繰り返すほど、その「想像」は完成時の実感に近づいてゆきます。その繰り返しを納得ゆくまで続けると、肉薄に至ります。

その肉薄は、舞台前稽古の充実と上演内容の関係と同じように、現場のパフォーマンスを押し上げて、そして建設費用を押し下げます。練習は嘘をつきません。

Img_1e40d6cb81848b1a7d7201f9ab6beb59
建築関係のみに限らず、ここのところ巷に流れる口当たりのよい情報や、現状を都合よく受け入れてくれそうな仕組みを目にしたり耳にしたりすると、それらの行間からはこんな言葉が漏れ聞こえてきます。

「オマエはものを考えなくてよい、つくらなくてもよい、ただカネだけ払えばよい。」

最近特にそんな感じです。

便利な手軽さの先にあるものと長いスパンの信頼との結びつきが、正直なところ私にはイメージできません。

家づくりにおいて、完成してから50年先を「想像」して、そこだけの最適解を考え工夫することは、その計画にかかわる当事者にしか実感できないもので、その人、人たちにしか感じることができないことがらには、たぶん近道はありません。

              *    *

長きにわたり書いた「私家版家づくりガイド」は、これにて終了です。快適な家づくりの実現のための「魔法の杖」がもし存在するのであれば、それは先人からの知恵のような「案外普通のことがら」の積み重ねと組み合わせなのだろうとの考えは、ひととおり書き終えて更に強くなりました。



以上、参考となれば幸いに存じます。

最後までお読みくださってありがとうございました。


Img_b93f8c7cb02f8e8f22000bbf537393d3
お盆を過ぎて、朝夕にいくらか秋の成分も混ざってきましたが、今日も蒸し暑いですね。

およそ10年前に設計と工事マネジメントをおこなわせていただいたお宅に先日別件で伺った折、そろそろ10年目なのでと、点検を兼ねて久しぶりに床下に潜りました。

ひととおり検査して配管と構造材の劣化も見当たらずまずはひと安心、写真で見るとヒノキがつやのあるいい色になっているのがよくわかります(潜っているときには気づきませんでした)。

地中の温度は一年を通じて安定しているといいますが、床下のなかもひんやりと涼しくて、
野菜などの貯蔵庫に使われることにもあらためての納得でした。
判断時期といわれる9月末~10月初旬を前にして、ここのところ新聞やテレビニュースにもよく取り上げられるようになりましたが、来年春以降の消費税増税、いったいどうなるのでしょうか?報道によると、いまのところ「増税、先延ばし、どちらもありそう」です。

もうどうせならいっそのこと、決定前に福祉目的のTOTOをつくってその第一弾を

「今回の増税決定の有無とその内容についての5択」

にでもしてくれたほうがかえって財源確保になるんじゃないのかといった冗談くらいしか思い浮かばないほどに、バブルはいらないけれど、景気回復の実感は「うーん」といった感じです。
Img_698081dda7e57dd00886a9d6d384da45
写真は先日おこなわれた国交省主催の「住宅関連税制とすまい給付金」についての説明会でいただいたパンフレットです。

説明会ではこれまで報道されてきた、

・9月30日まで契約の経過措置
・所得税、住民税控除

に加えて、

・一戸あたり最大30(50)万円の現金給付

についての説明がおこなわれました。

給付金の経緯について、駆け込み需要の混乱による品質の低下を避けるために現金給付での更なる負担軽減の措置をとることになった、とのことで、現在計画中の方、そして我々つくり手にすればたいへんありがたい施策ではあるのですが、しかしこのタイミングで増税して景気が好転して税収はほんとうに増えるのだろうかなどと、余計な心配もちょっとだけ頭をよぎりました。


司会の方、講師の方ともに

「内容は6月25日の与党合意に基づくもので、最終的にはまだどうなるかわかりませんよー」

としきりにおっしゃっていたところをみると、最終の判断は、まだどうなるのかわからないふうでした。さていったいどうなるのでしょうか、うーん。