渡辺浩二設計室 のブログ

〒684-0033 鳥取県境港市上道町3256上道ビル6号 TEL/FAX : 0859-42-5357
Text Size : A A A
シェール革命の話題に触れた折、そういえば京都議定書、批准のあと今はどうなっているのだろうと調べてみました。温室効果ガスの「マイナス6%」って、達成されたのでしょうか?


11月20日の朝日新聞 (Click!) によると、

「環境省は19日、日本の2012年度の温室効果ガス排出量(速報値)は13億4100万トンで、京都議定書の基準年である1990年比で6・3%増となったと発表した。議定書で「90年比6%減」が義務づけられている08~12年度の平均は1・4%増だが、森林による吸収分や排出量取引などの「京都メカニズム」分を差し引くと8・2%減で、義務達成が確実になった」

とのことで、これで1回目のチェックポイントの「第一回約束期間」の目標をクリアしたそうです。


続いて11月17日の東京新聞 (Click!) をみると、

「排出量は、リーマン・ショックの影響で経済が停滞したため、09年度の排出量が急落したほか、森林による吸収や、国や電力業界が海外から購入した排出枠の効果もあり、最終的に目標を上回る削減が実現した。だが、原発事故後は急増し、11、12年度の排出量は基準年を上回る水準となっている。」

そうで、この先も温暖化対策の強化は必須だと締めています。余談ですが二紙を読み比べてみると、朝日新聞には原発停止によるCO2排出量の増加に関しての記述が無く、東京新聞では純然たるCO2排出量は結局増加したことの記述が漏れています。


2回めのチェックポイントの「第二約束期間」は2013年~2020年で、いまのところの日本の目標値は、2005年を基準としてのマイナス3.8%となっています。
Img_01ecd1c7bd8fdd8977ae79fd77448be5

幸いなことに木質構造を扱うことが主たる業務なので、木材伐採によるカーボンオフセット(=二酸化炭素の相殺)には僅かながらでも関われているかなあとは思うものの、個人的には寒いのが苦手でしかも事務所の暖房は化石燃料頼りといったあまり胸を張れる状況ではないのですが、暖房の設定温度を下げるためにひざ掛けを用意したのは、予想以上に「ワタナベの温暖化」には効果的でした。

そのほか私にできることといえば、少しでも快適に長く使っていただけるような間取りの提案やメンテナンスの楽な設備設計、風のよく抜ける窓の配置などの細部をその案件ごとに丁寧に取り扱うことくらいしか思い浮かびませんが、そこからはじまる省エネもきっとあるのだと思います。
前回のブログ (Click!) を書く際にカーボンオフセットについて調べた折、興味深いウェブサイトに出会いました。

「森林・林業学習館」 (Click!) という名前の、どうやら個人で運営されているサイトのようなのですが、木と木を取り巻くさまざまについて、幅広く深くそして大変わかりやすく紹介されています。木材については日頃関わっているつもりのわかったつもりになっていたのですが、拝読しながら林業の現状、木材流通の現状についてあらためて知ることが多かったです。

そのなかに木材が吸収し留める二酸化炭素の量を計算してくれるページ (Click!) があって、樹種と床面積を入力すると木造住宅一棟分のおおよそのCO2量を計算することができます。試しに樹種をスギ、延べ床面積を115㎡(35坪)と入れて計算ボタンを押すと出た炭素重量は約12,000キログラムでした。これは空気量に換算すると東京ドーム16杯分の容積なのだそうです。

2010年に公布・施行された「公共建築物等における木材の利用の促進に関する法律」を受け、全国各地に木造の公共建築が増えています(弊社近くではJR境線の米子空港駅と境港警察署の米子空港派出所があります)。この流れは公共建築以外の大規模建築物にも波及しているようで、横浜では「サウスウッド」(構造設計、施工/竹中工務店)が先月完成・オープンしましたが、これは国内初の防火地域内に建つ耐火木構造の大規模商業施設で、構造体の柱・梁は木肌のままで使用されています。
Img_52d480e49815d9820ef9c6622d050028
環境負荷の少ない建築材料としての木材・木質材料は、これまでの用途や規模などの制約を超えて、その可能性がますます拡がっていくようです。戦後まもなくに植林された国産のスギやヒノキが伐採期に入っていますが、ウッドマイレージ(=輸送に伴う環境負荷)の小さい地産材を用い、風合いや断熱性、比強度など木の良さを活かした気持ちのよい空間づくりに貢献できるよう、私もさらに研鑽に努めます。
Img_a3dc52537ca3bc6f032b7d3d852e6597
Img_c60d1c036e7c62439c3f572ca37af244
コンピューターグラフィックスが進歩したとはいえ、光と質感を考慮したボリューム検討にはやはり模型を作って「リアル」に眺めたほうが、少々手間はかかるものの正確な判断に繋がるようです。

Img_2fb42cfdea3901694bb41313d38a9045
この案は台形平面に片流れ屋根を掛けることで長辺短辺両方向に屋根勾配を持ちます。
長辺方向の勾配が遠近感を強め、外観の程よい隠し味となることを確認できて、まずはひと安心です。

米子市内の店舗計画案です。

前回ブログ (Click!) 「台形平面の上に掛けた片流れ屋根」の補足です。
長方形の平面ならば勾配は短辺方向だけなのですが、台形であることによって斜辺部分の「流れ長さ」が異なるために長手方向にも勾配があらわれています。

・・・と、わかりにく補足説明でごめんなさい。


つまりこんな感じです。


Img_bdad0a406578f4d0d4bc8a7ef21a5b0a
写真の手前から奥、手前左手から右手に下り勾配がついています。

建物をほぼ真上から見下ろす視点のこの写真、実際にはこの位置からは鳥でなければ見えないのですが、敷地を含んだ建築計画全体のスケール感とバランスを確認するためにはけっこう大切で、ここが基本設計の最初のチェックポイントです。


ブログ更新、次回は1月3日の予定です。
それでは皆様、よいお年を(^^)/