渡辺浩二設計室 のブログ

〒684-0033 鳥取県境港市上道町3256上道ビル6号 TEL/FAX : 0859-42-5357
Text Size : A A A
Img_6704295c3f2260f6720d1b4586f79e58

マンションリノベーションの現場 (Click!) は現在終盤戦です。写真は今朝の様子で、壁紙の張り替えをおこなっています。


床を薄茶色に覆っている養生シートの下には、杉無垢材のフローリングが敷いてあります。今回のような賃貸マンション(米子市西福原、森村アビタシオン様)での無垢床の事例は、ひょっとしたらこの地域での先駆けになるのかもしれません。


玄関を開けて室内に入るとシート越しに杉の香りが漂って、現場に居ながらにしてプチ森林浴を愉しませてもらっています(^^)が、完成してシートを外して、視覚と触りごこちと香りを入居者の方に堪能していただけるまで、もうひと息です。


さああと1週間、ラストスパートです。
Img_3da1aff05275eaa16f034082df440e63

新聞や雑誌や書籍など、活字として残された吉村順三さんの言葉、百選です。


「建築家として、もっとも、うれしいときは、建築ができ、そこへ人が入って、そこでいい生活がおこなわれているのを見ることである。日暮れどき、一軒の家の前を通ったとき、家の中に明るい灯がついて、一家の楽しそうな生活が感ぜられるとしたら、それが建築家にとっては、もっともうれしいときなのではあるまいか・・・・」


上の言葉からはじまる朝日ジャーナル掲載の文章をはじめ、読み返すたび、あるいはランダムにページを開くごとに、吉村さんが建築家として居てくださったことと、残されたものを今こうして読めることの大きさと、ありがたさを感じます。いつ読んでも新鮮で、安心できる、大切な本です。


Img_810e6101d820a7106bed5865e5173d12

計画案の模型 (Click!) そして、現場進捗 (Click!) を当ブログにてご紹介していたマンションリノベーション、「森村アビタシオン407号室」改修工事は、先週、無事竣工しました。


写真は竣工検査後の様子です。午前中の陽を吸い込んでやわらかく反射する杉無垢の床からは、針葉樹の爽やかな香りが漂っています。


工事期間中は、解体してから検討をはじめなければならない部分や、細かな納まりについての現場での仕様、寸法のアジャストなど、あらためて改修工事のむずかしさを痛感した一ヶ月でしたが、同時に、既存部分を活かしたあたらしい空間づくりの可能性と面白さを再認識できた一ヶ月でもありました。


そのほかの写真は、こちら (Click!) よりご覧ください。