渡辺浩二設計室 のブログ

〒684-0033 鳥取県境港市上道町3256上道ビル6号 TEL/FAX : 0859-42-5357
Text Size : A A A
Img_f350a0aedb1f36775ebf75e4975cbb2b

スポーツライター、藤島大さんのラグビーに関するコラムを集めた本です。


ラグビーに縁遠い身ながら、藤島さんの著作が好きで、本としては「熱狂のアルカディア」(文芸春秋)以来の、6年ぶりの再会でした。


登場するみなさんが、そういえば誰かに似ているなと頭をめぐらせて浮かんだのは、その計画ごと、現場ごとにチームを組む専門工事業者さんたちのあの顔やあの姿で、本書に何度もあらわれる、ジャスティス(単なる合法)に留まる事をよしとしないフェアネスへの矜持が、現場でのそれぞれの職人らしさに重なるようでした。


自立した個人が共通の目的の元に集まったものを 「チーム」 と呼ぶのであれば、強く、気持ちのよいチーム、リーダー、集団とは、との問いに具体例で答えてくれるような本だなあといった読後感で、50篇のうち、冒頭を飾る 「体を張った平和論」 、書名でもある 「人類のためだ」 、そして 「きさぁ、タックルせんか」 が、特に印象深かったです。


まったく話は飛びますが、全米オープンテニス、次があるぞ西岡!




 
「住宅の玄関の鍵をリモコン式にしてほしい」 との依頼をいただき、先日改修工事をおこないました。


ご相談を受けて現地に伺ってみると玄関ドアは大きな痛みなどもなく、まだまだ充分使える状態です。検討を重ねた結果、シリンダー錠を新設して、そこに後付けタイプの駆動装置を組み合わせ、リモコンにて施錠・開錠をおこなう計画としました。

Img_f8e764ab4dbb7cea092b0f19fee4c473

まず、既存玄関ドアを加工して、

Img_b24fa7127424d2ec5ce02b80c1a5670d

新たにシリンダー錠を追加して、室外側には鍵での開錠・施錠ができるように錠前を付けて、

Img_df9f8505e071cb81a6b2c4a8821176e5

室内側には駆動装置付きのサムターン (つまみ) を設置しました。


リモコンキーの 「施錠」 ボタンを押すと、

Img_9c398c918b774180c74537fa2a4c11a5

ドア内からフックが出て鍵が掛かります。


ちょうど自動車の 「キーレスエントリー」 のような使い勝手で、いちいち鍵穴に鍵を差し込まなくても施錠・開錠ができます。外出時の鍵の閉め忘れ防止や雨の日の玄関の開け閉め、あるいはテレビドアホン越しの来客の対応など、なるほどこれはいろいろと便利です。


電池による駆動なので、電源工事と配線工事も不要となって見た目もすっきりと収まり、コスト面においても 「よい結果」 でした(^^)



Img_1ab71efc2862027799f13b5bacb184db

今年4月に更新された、住宅の省エネルギー基準についての設計技術者講習を受けました。

Img_5566d9280183257c2caecd51d134b183

あたらしい基準 (平成25年省エネルギー基準) は、これまでフラット35 「S」(=優遇金利適応)を利用する際の仕様である、いわゆる 「トップランナー基準」 をベースに、


・建物外周部、いわゆる外皮の性能(それぞれの断面と仕様と面積)と、
・日射取得率(冷房時と暖房時とも)


を加えた詳細な検討がおこなえるよう、組み立てられていました。


大掴みにはこれまでの基準が整理されて、細部については、断熱ユニットバスの床下への運用規定や変更された玄関土間の断熱ルールなど、これまでの運用 (からのフィードバック) を受けての変更が所々なされていて、より使いやすい基準になっている、との印象です。


Img_a41e7d729a07001ba598045611d2bdec

併せて施工技術者講習も受講しました。


気流止めや気密確保の具体例が部分ごとに解説されて、よい 「おさらい」 の時間になったのですが、ついこの前にできたはずの 「次世代省エネ基準」 (平成11年) からもう15年経ったのだなあと、時の流れの速さに呆然としています(早いですねえ)。