渡辺浩二設計室 のブログ

〒684-0033 鳥取県境港市上道町3256上道ビル6号 TEL/FAX : 0859-42-5357
Text Size : A A A
Img_22d10edc8e370fb2dc07be0a285a4860

「ワタナベ君、2階の物置からコウモリが出てきたよ!」 とのクライアント様からの連絡を受け (;゚Д゚)、 先日、 「川沿いの白い家」 (2006年竣工) にお邪魔してきました。


なにはともあれ、まずは気になる箇所のチェックに、屋根に登ります。

Img_ff3d721a84db4bca07667d18c217f0f3

(上の写真の、) 軒裏と外壁の取り合い部分の上端3センチ、垂木 (たるき) と垂木の間には、屋根裏で通気ができるよう、外気導入用の 「隙間」 を取っているのですが、

Img_4ba653c7915537c56c27163af6f30b05

その隙間には、金属製のパンチングメタルを張り、鳥やネズミなどの侵入を防ぐ設計としています。ひょっとしたらこれらのパンチングメタルに、劣化によって穴が空いたり、部材が外れてコウモリの侵入可能な隙間ができているのではないかと、ひととおりをチェックしてみたのですが、幸いそれらの症状は見当たりませんでした。


ホッとしながらも、では侵入経路はどこなんだろうとあらためて外壁面に沿ってぐるりと一周します。すると、ちょうど当該箇所である、2階物置の外壁に面する位置に、エアコンの室外機からのダクトが引き込まれているのを発見しました。クライアント様に伺うと、 「侵入事件」 がおこるまでは、外壁に空けた穴とエアコンダクトとの隙間はパテ埋めされていなかった、とのことで、どうやらこの隙間が、コウモリ君の玄関となった可能性が (かなり) 高いようですとご報告差し上げて調査業務は終了、おそらくこれで一件落着となりそうです。


その後室内に上げていただいて、お茶をごちそうになりながら、久しぶりに室内を拝見したのですが、10年分の時間の蓄積を存分に堪能させていただきました。やはり無垢材はいいですねえ。

Img_afc357b2533f75437d76c5c0d5cfb344




Img_37c6303ae0d8995637a442fcce3b67fb

地盤調査を終えた 「大篠津の家」 は、先月半ばに着工しました。
水盛遣方 (みずもりやりかた)を経た現場は、地盤面を掘り、設計高さまで転圧して均してから、

Img_834be83c31ab1c3f4b78eef5cb9f2d86

さらにその上に砕石を敷いて成形、転圧して、型枠設置に備えて外周部をモルタルで均し、


Img_03594b53f14e2ec00c710a5ed8a260ff

外周部の型枠を建て込み、防湿用のポリシートを敷いたのちに鉄筋を組みたてて、配筋検査合格後にベース部分のコンクリートを打設 (=型枠に流し込む) し養生 ( =「寝かせる」 ) したのちに、

Img_38458e7d6e96d94e84bf12c1b4737f08

内部の型枠を建て込んで、コンクリートを打設、養生ののちに型枠を外してさらにポーチ、テラス、スロープと勝手口の入口、そしてエコキュートを設置する台の型枠を組み、コンクリート打設、養生ののちに型枠を外して、

Img_1ee3bac5df4ed0d53a3de72e79933f4f

基礎工事が完了しています。工事担当の 「ゆみはま」 さんをはじめ、関係各社のみなさん、丁寧な仕事をありがとうございました。


現場はまもなく土台敷きを経て上棟を迎えますが、今回のブログでは、打設、養生、の文字がたくさん出てきましたねえ・・・ (何回書いたのだっけ?)