渡辺浩二設計室 のブログ

〒684-0033 鳥取県境港市上道町3256上道ビル6号 TEL/FAX : 0859-42-5357
Text Size : A A A
Img_ce5b5e12f8eb6fedf5bbd227f101cbac
境界確定協議 (前田調査士様、お世話になりました) を経て、「大篠津の家」 の外構工事は最終工程である真砂土舗装工事に入りました。いよいよ大詰めです。


「真砂土舗装工事」 とは、※酸化マグネシウム混入の真砂土 (まさつち=風化した花崗岩) を敷き均して締め固め、庭などの表土として仕上げる工事です。アスファルトや土間コンクリートに比べて吸水性が高く、主原料が土なので夏の照り返しなども少なく、また、適度な硬さにより雑草を防ぎます。


先日現場を訪れると、ちょうど砕石を転圧して作った路盤 (ろばん=仕上げ地表面の下地) 整備まで完了して、これから舗装材の調合がおこなわれるところでした。


※宇部マテリアルズ(株) 「舗装名人」  (Click!)  を使用しています。



Img_76bf47a6e3a61c4dfdad78e669d60f10
真砂土と酸化マグネシウムをミキサーにかけ、万遍なく混ざったところで、



Img_d3c325689936d86aa3d2eb411b6c54d0
一輪車で路盤 (ろばん) に移し、



Img_552895921fe5555163595b82c74ddfad
鏝と定規で均し、鉄製の用具で叩いて締め固めて全体を押し均してから、



Img_835ed927c4357a7f5de3058bd9be6da3
最後に機械 (プレート) で圧し均します。ここまでが工程のひととおりです。


これを所定の面積分繰り返すのですが、現在は工事自体は既に完了して、仕上げ表面にシートを架け、しばらく 「寝かせる」 養生 (ようじょう) 期間に入っています。


養生を外し、完成した様子はおそらく、次回のブログでご紹介できそうです。